文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 4月4日(水)付け紙面より

円柱型展示水槽「クラゲチューブ」 “360度ぐるり観察”大人気

 鶴岡市立加茂水族館(奥泉和也館長)に、円柱型展示水槽「クラゲチューブ」が6基導入された。クラゲの姿を360度ぐるり観察できる。真新しい展示に来館者たちが詰め掛けており、同館担当者は「水槽前の混雑解消の狙いもあったんですけどね」と少し複雑な様子だった。

 高さ約65センチ、直径約30センチのアクリル製で、クラゲ専用として奥泉館長が考案した特注品。クラゲの生態などを紹介するタッチパネルコーナーをリニューアルして設置した。この時期国内各地で見られる「カトスティラス」「カミクラゲ」「ハナガサクラゲ」の3種類を3月30日から展示中。特徴的な形は従来の一方向から眺める丸窓型水槽の中で異彩を放ち、来場者たちの心を捉えている。

 2日午後、家族らと新潟市から訪れた五十嵐遥君(11)=新潟小6年=は「加茂水族館は2回目。チューブの水槽はどこからでも見ることができてきれいだし、楽しい」と笑顔だった。

新しく加わった「クラゲチューブ」。スマートフォンで撮影しながら熱心に観察する来館者でにぎわっている
新しく加わった「クラゲチューブ」。スマートフォンで撮影しながら熱心に観察する来館者でにぎわっている


2018年(平成30年) 4月4日(水)付け紙面より

ぼんぼり設置始まる

 鶴岡市の桜の名所・鶴岡公園で3日、夜桜を演出する花見ぼんぼりの設置作業が始まった。市によると同日午前の段階では平年より1週間ほど早い5、6日ごろの開花予想となっており、ぼんぼりのほかにも清掃や屋台設置など花見準備で公園内は慌ただしくなっている。

 ぼんぼりは鶴岡商工会議所が地元企業の協賛で桜の開花期に合わせて毎年設置。今年は、協賛企業名や「桜まつり」などの文字が入ったぼんぼりに約3メートルの支柱を組み合わせて166基を設置する。

 設置作業初日の3日は、少し汗ばむほどの陽気。委託を受けた市内の建設会社の作業員5人が地面に穴を掘ったり、ぼんぼりと支柱を固定したりと汗を流した。作業員の大瀧正敏さん(67)=同市越沢=は「今年は雪で大変と思ったら、今度は熱中症に気を付けながらの作業。ぼんぼりを設置するといよいよ春という感じ」と話していた。

 同商工会議所によると、5日までに設置し、点灯は6日以降。点灯時間は午後5時半から同10時まで。

花見ぼんぼりの設置作業
花見ぼんぼりの設置作業



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field