文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 1月12日(土)付け紙面より

起業家応援通じ「つながる」

 酒田市産業振興まちづくりセンター「サンロク」は来月8日(金)、「酒田地域クラウド交流会」を同市の希望ホールで開く。起業を考えている人が事業プランを提案し、来場者が応援したいプランに1票(500円分の商品券)を投じるもので、途中、来場者同士が知り合いになるさまざまな仕掛けが施された交流イベント。県内初開催に向け、9日にサンロクで開かれた関係者の事前会合では、事業提案するプレゼンター5人の候補が発表された。

 地域クラウド交流会(略称・ちいクラ)は、起業家や行政、金融機関、地域づくりに関心を持つ一般の人などが集い、起業家の応援を通じてつながり、地域活性化につなげるもの。グループウェア開発などを行っている「サイボウズ」(本社・東京都)が中小企業庁などの支援の下、開催ノウハウを確立し、全国での開催を支援している。

 酒田では先月14日に第1回事前会合を開き、市内の金融機関の関係者ら協力者に、プレゼンター候補の推薦を要請。その後、候補者16人が挙がっていた。

 9日の事前会合には、東北経済産業局や市内の金融機関の関係者ら約20人が参加。プレゼンター候補の選考結果として、▽山形ドローン協会協同組合(事業内容=ドローンを使った空撮、映像編集、操作研修会の開催など)▽もっけだのフードサービス(ラーメン店の多店舗展開)▽dano(WEB上のマーケティング支援やITを使った生涯学習支援)―など5人が発表された。

 サンロクコンシェルジュの佐藤香奈子さんは補足説明で「候補に挙がった人の中には『銀行に声を掛けてもらっただけでうれしかった』という反応もあった。プレゼンターに選ばれなくても、起業を志す人たちとのより良い関係につなげてほしい」と呼び掛けた。

 2月8日は午後7時開会。プレゼンターが一人3分の持ち時間で事業プランを提案し、来場者は会場の投票所でスタッフに口頭で応援投票するプランを伝える。会場に入る際は名刺を出し、入り口に掲げてもらう。掲示された名刺の中で、会いたい人がいた場合、スタッフにその旨を告げると呼んでもらえる。投票所スタッフは酒田商工会議所の青年部と女性部に依頼する方針で、来場者は投票時に同スタッフとも名刺交換できるなど、随所に多様な出会いの仕掛けを設ける。

 コンシェルジュの井上裕太さんは「参加者同士がつながり、地域の輪が広がってほしい」と参加を呼び掛けている。

 参加費は1000円。うち500円が応援投票の経費となる。100人程度の参加を見込む。午後6時からはクラウド勉強会(参加費無料)、交流会終了後は希望者による自由な懇親会もある。申し込みはフェイスブックページから。問い合わせはサンロク=電0234(26)6066=へ。

県内初の「ちいクラ」開催に向け、金融機関の関係者らが打ち合わせをした事前会合=9日、サンロク
県内初の「ちいクラ」開催に向け、金融機関の関係者らが打ち合わせをした事前会合=9日、サンロク


2019年(平成31年) 1月12日(土)付け紙面より

「てっちり」の調理法学ぶ

 庄内浜産トラフグを使った調理講習会が10日、鶴岡市加茂の県水産試験場おいしい魚加工支援ラボで開かれ、ミシュランガイド東京2018で2つ星の懐石・ふぐ料理「赤寶亭」の赤塚真一料理長に、とらふぐ鍋(てっちり)の調理法を学んだ。

 庄内地方の飲食施設で3月15日まで行っている「食の都庄内 天然とらふぐキャンペーン」参加店の料理人を対象に、トラフグ調理のレベルアップを図ろうと実施。2017年に庄内浜文化伝道師でもある赤塚料理長(新庄市出身)から身欠き処理と刺し身(てっさ)について学んでいる。今回は約20人が参加した。約3キロのトラフグを食材に、鶴岡市立加茂水族館「沖海月」の須田剛史料理長が調理を進め、赤塚料理長がポイントを解説した。

 赤塚料理長は「アラは霜降りしてぬめりを取り、血抜きもしっかりと」「身は大ぶりにカット。お客さんが喜ぶ」と下処理を説明。昆布だしを張った鍋にトラフグのアラと豆腐、シイタケや野菜を入れ、「身は火を入れ過ぎない。余熱で火が入る程度に」などとポイントを指導。参加者はポン酢でてっちりと雑炊を試食し、トラフグのうまみを引き出し、上品に仕上がった味を確かめていた。

 参加者たちは「これまで身を煮過ぎていた」「庄内の旬の野菜を取り入れたい」などと話し、ポン酢の調合などについても質問していた。赤塚料理長は「自分の店では雑炊をみそ仕立てにしている。お客さんが喜ぶようにアレンジしてほしい」などとアドバイスしていた。

赤塚料理長(右)にてっちりの調理法を学んだ
赤塚料理長(右)にてっちりの調理法を学んだ



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field