文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2019年(平成31年) 6月12日(水)付け紙面より

温海川にカルガモ親子

 鶴岡市のあつみ温泉街を流れる温海川に、カルガモの親子が現れ、住民らのアイドルになっている。

 近くの住民が8日、あつみ温泉萬国屋と日々喜酒店の間付近の温海川で見つけた。親ガモ1羽に子ガモ12羽。近くで営巣しているとみられ、列になって親鳥の後を付いていく姿が住民の間でひそかな話題になっている。

 日々喜酒店の齋藤禎子さん(61)によると、これまで成鳥が飛来してくることはあったが、営巣しているのを見るのは初めてという。「5年以上前からパンを与える人もいるし、安心な場所だと定着してくれたのかも。無事にみんな巣立ってほしい」と温かいまなざしを向けた。

あつみ温泉街の温海川で過ごすカルガモの親子=10日午後
あつみ温泉街の温海川で過ごすカルガモの親子=10日午後


2019年(平成31年) 6月12日(水)付け紙面より

強豪国から選手集い鶴岡で初開催 世界バドミントンU15

 15歳以下のジュニア世代の選手を対象に29(土)、30日(日)、鶴岡市小真木原総合体育館で開催される初の国際大会「世界バドミントンU15庄内国際招待2019」に向けた記者会見が10日、同市役所で行われた。地元を含め9カ国の代表男女32人が出場し、シングルスで世界の頂点を決める。

 大会は、同市にある慶應義塾大先端生命科学研究所の冨田勝所長が中心となって設立した一般社団法人世界バドミントンU15推進協議会が主催。中学世代、スポーツ、国際交流をキーワードにした地域貢献の一環で、「自然や食、歴史文化だけでなく、庄内をスポーツでも世界に発信できる街にしたい」と、協賛企業を募るなどして準備を進めてきた。

 大会にはデンマーク、フランス、ドイツ、カナダ、アメリカ、インドネシア、マレーシア、タイの世界の強豪国から男女19人が出場。日本からは日本バドミントン協会推薦の8人、地元から三浦颯太(鶴岡四中3年)、佐藤直紀(鶴岡一中3年)、小野輝莉(同3年)が出場。補欠として地元の中学生男女2人が名を連ねた。男女別シングルスで29日に予選リーグ、30日に決勝トーナメントを行う。

 会見で大会会長の皆川治市長が「世界のジュニア世代の聖地として鶴岡をPRしていきたい」、大会実行委員長の冨田所長は「海外強豪国のトップ選手が庄内に来る。地元の中学生から各国の選手を応援してもらい強い感動を与え、日本を大好きになってもらいたい」とあいさつ。県バドミントン協会の島貫洋一副会長が大会概要を説明。大会ゲストの元バドミントン日本代表の小椋久美子さんからのビデオメッセージも披露された。

 大会は鶴岡市、同市教育委員会が共催、日本バドミントン協会、荘内日報社などが後援する。29日午後5時からは小中学生を対象に、小椋さんらが指導するバドミントンクリニックも行われる。
           

初のU15国際招待大会の概要を発表し握手を交わす右から島貫副会長、皆川市長、冨田所長と、ビデオメッセージを送った小椋さん
初のU15国際招待大会の概要を発表し握手を交わす右から島貫副会長、皆川市長、冨田所長と、ビデオメッセージを送った小椋さん



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field