文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 4月7日(水)付け紙面より

公益大5年連続定員超え 学部入学者241人、充足率100%突破

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の2021年度学部入学者が241人(留学生1人含む)になったことが、公益大への取材で分かった。全国的に18歳人口が減少、特に地方にある大学では定員割れが相次ぐ中、5年連続で定員(235人)を超え、前年度に続き収容定員=960人(編入含む)=の充足率が100%を突破した。入学式は今月12日(月)に公益大公益ホールで行われる。

 2001年4月の開学から丸20年を迎えた公益大。庄内地域の18歳人口が開学初年度(01年度)と比べ、1400人近く減少する中、本年度の241人は初年度の282人、19年度の271人などに続き過去6番目の多さ。本県、東北地方はもとより、関東・甲信越、九州地方など全国各地から集まった1000人もの若者がここ庄内の地で学びを深める。

 13年度の「地(知)の拠点整備(COC)事業」を皮切りに、大学教育再生戦略推進費「大学教育再生加速プログラム(AP)」、私立大学研究ブランディング事業と相次いで文部科学省の採択を受け、先月には「私立大学等改革総合支援事業」全4タイプのうち3タイプで選ばれるなど、「魅力ある大学づくり」に向け新田嘉一理事長と共に、町田睿第3代学長(故人)、吉村昇前学長(公益大学事顧問)、神田学長らが推し進めている大学改革の成果が確実に表れている。

 公益大は昨年3月、「学生を伸ばす、地域の未来を創(つく)る、世界に挑む大学づくり」をテーマにした20年度から6カ年にわたる、教育活動の指針となる「中期計画(教学)」を発表し、「学修者中心」の大学を推進している。「私立大学等改革総合支援事業」の選定を受けて本年度、複数の専門分野で学びを深める「ダブルメジャー制度」、大量のデータを分析する力を養う「データサイエンス」を取り入れる。神田学長は「ダブルメジャー制では文理融合などを進め、これまでにない新しい解決策を見いだすことのできる、社会に貢献できる人材を育成していきたい」と話している。


2021年(令和3年) 4月7日(水)付け紙面より

鶴岡公園の桜満開!! 穏やかな日続き一気に花びら広げる

 鶴岡公園の桜(ソメイヨシノ)が満開を迎えた。

「日本さくら名所100選」の同公園にはソメイヨシノを中心に約730本の桜がある。今年は昨年より2日、平均より11日早い今月1日に開花。日曜日の4日は時折、雨が降る天候となったが、開花宣言以降は比較的に穏やかな日が続いたこともあり、一気に花びらを広げた。

 公園には、大勢の人たちが訪れ、淡いピンク色の桜を背景に記念撮影する親子連れらの姿があちらこちらで見られた。鶴岡市によると、今週いっぱいまでが見頃という。

満開となった鶴岡公園桜並木を歩く人たち=5日
満開となった鶴岡公園桜並木を歩く人たち=5日



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field