文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 9月16日(木)付け紙面より

夢を追う生きざま大きな反響 『山口吉彦さん(鶴岡)アマゾンコレクション展』 東京・銀座アトリエ・ムジ・ギンザ 若者共感 予想上回る人出

 鶴岡市陽光町在住の文化人類学研究者、山口吉彦さん(79)が南米アマゾンで集めた民族資料のコレクション展「野生の手仕事と知恵」が、東京・銀座三丁目の展示スペース「ATELIER MUJI GINZA(アトリエ・ムジ・ギンザ)」で開かれ、自然と共生する文化や、夢を追い続けてきた山口さんの生きざまが大きな反響を呼んでいる。17日(金)にはオンラインで山口さんらのトークが行われる。山口さんのコレクション展は来月7日から東京・下北沢でも予定されており、都会の若者たちの注目を集めている形だ。

 山口コレクションは、山口さんが1970年代から十数年間、現地の人たちと交流を深めながら物々交換で集めた民族資料約8000点、生物標本約1万2000点の計約2万点。現在は自宅で保管している。

 アトリエ・ムジ・ギンザは、「無印良品」で知られる良品計画(東京都)が2019年4月、未来を見据えた複合的なデザイン文化の発信拠点として開設した。今回は、スタッフが19年9月、東京・新木場で開かれた山口コレクション展を見て感銘を受け、「ぜひうちでも」と企画。今月10日―11月7日の間、植物で編んだかごや袋、鳥の羽根の装身具、祭具など、自然物を使い作られた民族資料約200点を展示している。

 一昨年の新木場に続き、展示を支援した「日知舎」代表で、東北公益文科大で文化人類学を講義する成瀬正憲さん(41)=鶴岡市三瀬=によると、主催者から「連日予想を上回る人が訪れ、大きな反響に驚いている」と連絡があったという。

 成瀬さんは「『自然と共生する文化』という側面と、コロナ禍で行動が制限される中、夢を追い続けてきた山口さんの生きざまも共感を呼んでいる」とする。そして、「コロナ禍で人々は個と社会、国家と自由といった課題に向き合っている。一方、山口さんは幼い頃に抱いたアマゾンへの夢を追い求め、大きな困難を乗り越え実現してきた。都会の若者は、山口さんの自由を求める精神に共感しているのでは」とみる。

 展示は入場無料。17日は午後8時半からインスタグラムの同アトリエのアカウントで配信する。山口さんと、山口さんの長男でアマゾン資料館代表理事の山口考彦さん(鶴岡市)、成瀬さんの3人が語り合う。

 一方、下北沢の展示は10月7―10日の4日間、商業施設「reload(リロード)」で行う。19年の新木場の展示を主催したベンチャー「マザー・ディクショナリー」が前回同様、「TRACING THE ROOTS(トレーシング・ザ・ルーツ)~旅と手しごと」をテーマに約20個人・団体とともに出展する。

東京・銀座で開かれている山口コレクション展=@ATELIER MUJI GINZA
東京・銀座で開かれている山口コレクション展=@ATELIER MUJI GINZA


2021年(令和3年) 9月16日(木)付け紙面より

鶴岡市メタジェン 鈴木さん(元サッカー日本代表)のAuBと共同研究 一般の人やアスリート調査 インナーウエアなど開発へ

 元サッカー日本代表の鈴木啓太さんが社長を務める腸内環境研究のバイオベンチャー「AuB(オーブ)」(東京都)と、慶應義塾大先端生命科学研究所発のバイオベンチャー「メタジェン」(鶴岡市、福田真嗣社長)は14日、東京都内で共同記者会見を開き、腸内環境と身体の内部の温度(深部体温)に関する共同研究を始めたと発表した。腸を温め睡眠の質を高めるなどの健康課題解決に向けたインナーウエアを開発し、来年2月の商品化を目指す。

 古くから「おなかを温めると健康に良い」との言い伝えがあるが、腸を温めることによる健康効果については諸説あり、科学的には十分に証明されていないという。両社は共同研究を通じ、おなかを温める生活が腸内環境に与える影響や健康効果を明らかにし、健康に寄与するヘルスケア関連の商品開発につなげる。

 共同研究では一般の人に加え現役Jリーガーらトップアスリートを含む約100人を対象に、AuBが腸内細菌と腸の温度、食事内容、睡眠時間、便通などを調べ、便検体から腸内細菌の種類や量、割合を解析し、日常の食事や便通との相関関係を調査する。メタジェンは腸内細菌と代謝物を同社独自技術の「メタボロゲノミクス」で解析し、腸内細菌や腸内環境の状態、健康効果を評価する。

 オンラインで行った共同記者会見で、AuB研究統括責任者の冨士川凛太郎取締役が取り組みを説明。鈴木社長は「おなかを温めるということがどういうことなのか、今後も科学的に解明していきたい」と述べた。同社は2015年設立。アスリートの腸内環境の研究のほか、腸内環境を整えるサプリメントなどを商品化している。メタジェンとの共同研究は今回が初めて。

共同研究について発表した右から福田メタジェン社長、AuBの鈴木社長と冨士川取締役=東京・八重洲(両社提供)
共同研究について発表した右から福田メタジェン社長、AuBの鈴木社長と冨士川取締役=東京・八重洲(両社提供)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field