文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2021年(令和3年) 11月4日(木)付け紙面より

名寄のカボチャおいしいね 姉妹都市と食材交流 藤島地域の給食に

 鶴岡市は2日、姉妹都市の盟約を結ぶ北海道名寄市のカボチャを使ったカレー給食を藤島地域の子どもたちに提供した。

 北北海道の中心部に位置する名寄市は、明治の開拓を縁に1996年、旧藤島町と姉妹都市の盟約を結んだ。昼と夜の寒暖差がカボチャ栽培に適し食感や食味が高く評価されている。カレーの具材にしたカボチャは「えびす」と呼ばれる品種で、ほくほくとして甘味があるのが特長。食材交流として毎年秋に鶴岡市がカボチャ、名寄市が庄内柿をそれぞれ購入し、給食に使っている。

 この日、提供した「名寄産かぼちゃ入りカレー」は約50キロ(約30個)の「えびす」や豚肉、ニンジン、だだちゃ豆などを入れて調理。障害福祉サービス・根っこ杉、こりす保育園、いなば幼稚園、藤島、渡前、東栄の3小学校、藤島中学校の合わせて984人分を用意した。このうち、渡前小学校(今井綾子校長、児童64人)では、児童がご飯にカレーをかけて配膳。2年生の大川百愛(もあ)さんは「カボチャ入りカレーを食べたのは初めて。とてもおいしい」と笑顔を見せていた。


画像(JPEG)



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field