文字サイズ変更



  • プリント用表示
  • 通常画面表示

荘内日報ニュース


日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ
  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る

2018年(平成30年) 10月6日(土)付け紙面より

爽やかな甘酸っぱい香り漂う 赤ワインの仕込み始まる

 鶴岡市越中山の月山ワイン山ぶどう研究所(加藤智所長)で4日、主力の赤ワインの仕込み作業が始まった。

 月山ワインは、デラウエアや甲州、セイベル9110を原料に使った白と、ヤマブドウやヤマ・ソービニオンを使った赤があり、いずれも芳醇(ほうじゅん)な香りとすっきりした味わいが特徴。

 1972年に朝日村農協(現JA庄内たがわ朝日支所)が自生するヤマブドウを使ったワインの研究開発に着手。79年にロゼの製造を始め、81年には白と赤が加わり醸造体制が本格化した。現在はヤマブドウジュースや原液を含めて年間約20万本(720ミリリットル換算)を生産している。

 今シーズンの仕込みは、9月2日に白が始まっており、白、赤とも例年並みのスタート時期。今後、11月中旬まで続くといい、職員はフル稼働で作業に追われている。

 4日は、ヤマ・ソービニオン計6トンを次々とベルトコンベヤーに運んだ。圧搾機から搾りたての果汁が滴ると、爽やかな甘酸っぱいブドウの香りが辺り一面に漂った。同研究所長補佐で醸造責任者の阿部豊和さん(42)は「8月の少雨もありやや小粒だが、凝縮した仕上がりになりそうだ」と期待を込めた。

たわわに実ったヤマ・ソービニオンがベルトコンベヤーで圧搾機に運ばれた=4日
たわわに実ったヤマ・ソービニオンがベルトコンベヤーで圧搾機に運ばれた=4日


2018年(平成30年) 10月6日(土)付け紙面より

旅の思い出に

 新潟県・庄内エリアのプレデスティネーションキャンペーン(プレDC、10―12月)に合わせ、鶴岡市観光連盟(早坂剛会長)は旅行の記念に思い出を残してもらう「手ぬぐいスタンプ帖」を作製し、販売を始めた。社寺巡りの「御朱印帳」のように、鶴岡、酒田両市にある観光施設や温泉地の旅館にあるスタンプを手拭いに押し、旅行者だけのオリジナルの思い出をつくってもらうもので、庄内地域の周遊観光の促進につなげる。

 鶴岡市と市観光連盟は、江戸時代からの習わしである出羽三山詣での後に温泉に漬かり、大地の恵みをいただく「精進おとし」の風習に着目。8月に策定した中期観光振興戦略プランで、「詣でる、つかる、いただきます」をテーマに掲げた新たな観光戦略を打ち出し、湯野浜、湯田川、由良、あつみの市内4温泉と連携し、現代風の「精進おとし」の文化を発信し、誘客を図る。

 手ぬぐいスタンプ帖(縦36センチ、横86センチ)もこの戦略の一環で開発し、旅をより楽しんでもらう素材とする。白地の木綿製で、デザイン化した「出羽三山」「鶴岡」「酒田」の文字とともに、鶴岡市の出羽三山や善寳寺、加茂水族館、温泉、庄内平野、日本海など庄内の魅力を表したイラストをあしらい、手帳のように畳んで使ってもらう。

 スタンプは11種類あり、各温泉の旅館や観光施設など鶴岡、酒田両市の計41カ所に置いた。インクは油性で、温泉に漬かっても消えないという。プレDC関連の旅行商品用に5000枚、一般販売用に1000枚の計6000枚製作。一般用は鶴岡市のFOODEVER内にある市観光案内所、庄内観光物産館、出羽三山神社参集殿、酒田市の山居倉庫などで1枚1000円(税別)で販売。スタンプは来年3月末まで設置する。問い合わせは鶴岡市観光物産課内の市観光連盟事務局=電0235(25)2111=へ。

 一方、「つかる」「いただきます」を担う鶴岡市内の4温泉地は、この共通テーマの下、「日本海美食旅」をキャッチフレーズにしたプレDCに合わせ、地域の料理や酒、伝統文化を生かした宿泊プランを展開する。各温泉地の観光協会代表らが4日、市役所で記者会見を開き、各温泉地の具体的な取り組み内容を発表した。

御朱印帳のように、庄内地域の周遊観光を楽しみスタンプを押す「手ぬぐいスタンプ帖」(上)プレDCに合わせた宿泊プランを発表した鶴岡市内の4温泉地の関係者ら=4日、鶴岡市役所
御朱印帳のように、庄内地域の周遊観光を楽しみスタンプを押す「手ぬぐいスタンプ帖」(上)プレDCに合わせた宿泊プランを発表した鶴岡市内の4温泉地の関係者ら=4日、鶴岡市役所



日付の新しい記事へページを移動する日付の古い記事へ

記事の検索

■ 発行月による検索
年  月 

※年・月を指定し移動ボタンをクリックしてください。
※2005年4月分より検索可能です。

 
■ キーワードによる検索
   

※お探しのキーワードを入力し「検索」ボタンをクリックしてください。
※複数のキーワードを指定する場合は半角スペースを空けてください。

  • ニューストップ
  • 最新記事
  • 戻る
ページの先頭へ

Loading news. please wait...

株式会社 荘内日報社   本社:〒997-0035 山形県鶴岡市馬場町8-29  (私書箱専用〒997-8691) TEL 0235-22-1480
System construction by S-Field